不動産マメ知識

みなし道路

みなし道路とは、道路とみなされたものをいい、2項道路とも呼ばれています。1950年11月23日以前から建物が立ち並ぶ幅員4メートル未満の道で、特定行政庁が指定したものは建築基準法上の道路とみなされます(みなし道路)。みなし道路に指定されることで、幅員4メートル未満の道路にのみ接している土地であっても建物を建てることが可能になりますが、道路の中心線から2メートル下がった線が道路の境界線とみなされ、敷地の一部が道路とみなされます(セットバック)。

用途地域

間取り

構造

建蔽率・容積率

戸建について

マンションについて

土地について

住宅設備(キッチン編)

住宅設備(お風呂編)

住宅設備(トイレ)

住宅設備(外構)

住宅設備(その他)

道路

法令など

規制など

工法

不動産取引について

取引態様

税金など

銀行関連

カテゴリ別不動産マメ知識

オープンハウス情報
ページのTOPへ戻る