不動産マメ知識

火災警報装置

火災発生時に煙や熱を感知して、ベルや音声などで警報を発する装置をいいます。2006年6月の改正消防法の施行で、新築住宅の寝室や階段に住宅用火災警報器の設置が義務付けされました。

用途地域

間取り

構造

建蔽率・容積率

戸建について

マンションについて

土地について

住宅設備(キッチン編)

住宅設備(お風呂編)

住宅設備(トイレ)

住宅設備(外構)

住宅設備(その他)

道路

法令など

規制など

工法

不動産取引について

取引態様

税金など

銀行関連

カテゴリ別不動産マメ知識

オープンハウス情報
ページのTOPへ戻る